1. トップページ > 
  2. 画像にはalt属性が必須

売り上げ増加実績数:56件(非公開含む:97%)

画像にはalt属性が必須

画像にalt属性をつける事で画像を観覧できないPCの環境下でも、テキスト及び音声にその画像の情報を取得できます。

<img border="100" alt="画像が意味するテキスト" src="画像名.gif" width="100" height="1" />

上記がalt属性の付け方ですが、画像に全く関係の無いテキストを記入しても意味が無く、かえってユーザーを混乱させるだけです。

検索エンジンのロボットは、このalt属性の情報までしっかりと分析しており、アクセスビリティ、ユーザビリティの良さも検索結果上位獲得のアルゴリズムの一つとされています。

ただ全ての画像に闇雲にalt属性を付けるのもあまり有効ではありません。

例えばリストアイコンやラインなどをcssではなく、htmlで画像でを表示させている場合には、むやみにalt属性をつけると、これはかえってSEOという観点からは逆効果に働いてしまう可能性もあるということなのです。

理由は画像・イメージのタイトルを alt 属性に入れるのではなく、そのイメージが表すものを言葉で説明した文章を入れる、というのが本来のalt属性の使い方です。

この場合、リストマークやラインの画像はただの飾りに過ぎませんので、わざわざalt属性を付ける必要がなくなるのです。

イメージ、画像のalt属性にはそのページ内のキーワードを埋め込むように、と記載してあるウェブサイトも数多くありますが、これは確実にユーザビリティを低下させます。

考えてみてください。SEOに関するサイトなので、SEOというキーワードをたくさん使用したページを作成したいのは十分に理解できますが、だからといって、そのページ内の画像全て(SEOに関係のない画像にも)に"SEO"を含んだalt属性を付けていては、これはある意味騙し行為となります。

今日はそれでも通用するかもしれませんが、GoogleやYahooのロボットがもし、その画像の内容をなんらかの技術を用いて解析でき、alt属性と画像の内容が矛盾していると分析出来る日がやってきたときには、alt属性にキーワードをむやみに詰め込んでいるようなサイトは確実にペナルティを受けることになるでしょう。

被リンクで強制的に上位表示の実現が可能でしたが、今日では検索エンジンのロボットたちは被リンクが有料で購入されているものなのかどうか、悪質なのかどうかを判断できる頭脳を持っているのです。

小手先の騙しテクニックはすぐに淘汰され、そのような騙しテクニックにて上位を目指しているようなサイトは、絶対にいつかペナルティを受け、多大な損失を被ることとなるでしょう。

あくまでもユーザーの視点に立った、コンテンツ重視の内部SEOに目を向けるべきなのです。

お問い合わせはこちら